Englishへギャラリーへ
インフォメーション
通信販売のご利用方法
通信販売法規
プライバシーポリシー
店舗のご案内
ギャラリーご投稿方法
お問い合わせ
Contact Us
カートの中
カートは空です...
店舗の営業時間
平日11:00〜19:00
日祝11:00〜18:00

定休日:水・木曜日
*不定休はお知らせ欄に
都度掲載します。
商品検索
 
キーワードで商品検索
詳細検索はこちらから
OPST コマンドティップ
OPST コマンドティップ
コマンドティップ長は全て12ft。
グレイン(自重)とシンクレート(比重)の違い、掛け算によって、より細かく多くの状況に対応することが可能となりました。グレイン(自重)とシンクレート(比重)の考え方としては、グレイン=沈下速度、シンクレート=沈下到達地点(深度)と考えれば良いでしょう。

今まではT-8より沈めたいと考えた場合、T10,T11,T12,T-14,T-20など自重を上げるだけで対応していたがCOMMANDO TIPでは、まずは自重を変える事なく、同じ自重(グレイン)の下で3種類のシンクレートが選べるのでそれぞれの沈下到達地点(深度)を探る事が可能になりました。 釣り場を想定して同じグレイン数の中で浅瀬を意味する=リッフル、開きやプールを意味する=ラン、深場や溝を意味する=バケットの分類を設けております。

COMMANDO TIP 96grain Riffle(S 2/3)を使用の場合、より沈めたいと思う場合は、まず同96grain RUN,BUCKETとシンクレートを変更して行きます。更に沈めたい場合はグレインを変更して132grainに変更して、RIFFLE,RUN, BUCKETと言った具合に釣場を探っていくことができます。更に沈めたい場合は168grain RIFFLE RUN,BUCKETと言った具合で進めていきます。

スイング速度を上げたいのであれば、グレイン数を下げて、シンクレートも下げる必要があります(スイング速度は深度とは反比例します)。 逆に深度を求めるのであれば、グレイン数を上げた上で、シンクレートも上げる必要があります。

※自重(grain)は沈下速度の調整、比重(シンクレート)は沈下到達地点(深度)と考えると分かりやすいと思います。
 このカテゴリーの商品はありません...